無課金でeスポーツ始めてみませんか?【レジェンドオブルーンテラ】

楽しみをみつける
スポンサーリンク

eスポーツ、やってみたいと思いませんか?

これからの時代は
遊びを極めるのも重要だそうですね。

興味はあるけど、

「もういい年齢で反射神経が・・・」
「ほかの人の足を引っ張りそうで怖い・・・」
「お金をかけるのはちょっと違う・・・」

と、二の足を踏んでいる
eスポーツ初心者の方に
おすすめのタイトルがあります。

この記事では、
私も、ハマっている
レジェンドオブルーンテラ』を
ご紹介します。

スポンサーリンク

『レジェンドオブルーンテラ』とは

『レジェンドオブルーンテラ(以下、LoR)』は、
デジタルカードゲーム(DCG)と呼ばれるジャンルのeスポーツです。

カードゲームですので、
他のジャンルのゲームのように
誰かと力を合わせる必要はありませんし、
アクションゲームが下手だから楽しめないということもありません。

タイトルの知名度としては、
世界で最もプレイされているeスポーツであると言われる
『リーグオブレジェンド』のカードゲーム版に当たり、
注目度の高いサービスの一つです。

サービスの開始は2020年4月30日と、
後発組に当たり、
ハースストーンやシャドウバースといった
老舗タイトルの背を負う形となっています。
(ちなみにプレイ人口は発表されていません)

スマホ版もありますし、
かなり性能の低いノートパソコンでも
不自由なくプレイできます。

私はパソコン版の方が
圧倒的にやりやすいと思います。

『レジェンドオブルーンテラ』のすばらしい点

常識破りの無課金スタイル

LoRの最も大きな特徴は、
「無課金で楽しめる」ことです。

古今東西、カードゲームというのは、
「お金で強いカードを購入することで初めて楽しめる」
というのが、常識であったはずです。

しかし、LoRは違います。

LoRでは、お金を使って買えるものは、
いわゆる装飾品です。

装飾品とは、
ボードやエモートなど、
ゲームの本質とは全く関係のないものです。

課金で強くなれるわけではなく、
100%自身の戦略が勝負を分けるわけです。

ちなみにカードも課金で買えないわけではないですが、
数か月もプレイすれば、
主要なカードはおおむね手に入るのではないかと思います。

LoRを運営するRiot Gamesさんは、
目先の利益を上げることよりも、ユーザーと良い関係を築き、
長く愛されるサービスを作っていきたいと考えるわけですね。
それが、リーグオブレジェンドの運営で得られたノウハウなのでしょう。

数か月に一度大会がある

LoRでは、数か月に一度、
シーズントーナメントと呼ばれる
大会が開催されます。

大会では、賞金も用意されています。

勝てるかどうかは別ですが、
やる気にはなりますよね。

私も始めたての頃、
ビギナーズラックで出場権を得たことはありますが、
勝ち抜くことはできませんでした。

つまり、誰にでもチャンスはあるわけです。

運営のユーザーフレンドリーな姿勢

運営側は、ユーザーに対し、
頻繁にゲームの環境に対する発信を行います。

「これからLoRをどうしていきたい」とか。
「デッキの強さにかたよりがありすぎる」だとか。

サービスをよりよくしていきたい、
ユーザーに精一杯楽しんでほしい、
という気持ちを強く感じます。

そういった姿勢は、
無課金スタイルを貫いているところからも
垣間見えると思います。

さいごに

本記事では、
気軽に始められるeスポーツのタイトルとして、
レジェンドオブルーンテラについてご紹介してきました。

このゲームのユーザーフレンドリーな姿勢を
理解してもらえれば幸いです。

また、試しにプレイしてみようかな。
と思っていただければ嬉しい限りです。

eスポーツをやりたいのに、
二の足を踏んでいるあなた、
ぜひ、このゲームをeスポーツの入り口にしてみてはいかがでしょうか?

高いゲーミングパソコンのような初期投資も
必要ありません。

気軽に楽しめること間違いなしだと思います。

タイトルとURLをコピーしました