玄米の残留農薬は、気にしないで大丈夫なの?

健康を守る
スポンサーリンク

玄米は体にいい。

というのは、よく言われることですよね。
逆に、

玄米には、残留農薬が多いから、
食べない方がいいぞ。

という意見もよく聞きます。

玄米に残留農薬が多いのは事実のようですが、
いったい、どっちが正しいのでしょう。

ということで、
今回は
玄米の残留農薬には注意しないといけないのか
について、取り上げます。

スポンサーリンク

玄米は食べない方がいい

私の意見からになりますが、
「玄米は食べない方がいい」と思います。

まずは、
なぜ、そう「思う」のか、
整理していきましょう。


とりあえず、
エビデンスを探してみました。

しかし、
「玄米と残留農薬」についての
文献はあまり見つけられませんでした。

つまり、
誰も正しい答えを持っていない」というわけです。

かろうじて、見つけたレビュー文献にも

『農薬の健康リスクの評価は、難しい』

という旨の内容が書かれています。


文献を見てみると、
「完全に」農薬で汚染されたお米が危険なことは、
しっかりと研究データがあるようです。

一方で、
「長期的に微量の」残留農薬に
さらされ続けた場合の健康リスクについては、
ふれられていません。

つまり、
玄米の残留農薬が
安全かどうかについては、
きちんとした証拠がない状態

というわけです。

だから、
「大丈夫だ」派の人と
「大丈夫じゃない」派の人が
いるわけですね。

ですので、
結論としては、
残念ながら、
「安全だとは言い切れない」
ということになります。

そして、私は、
「大丈夫じゃない」派の人間です。

というわけで、
今回は、玄米の残留農薬について、
「大丈夫だ」派の意見と
「大丈夫じゃない」派の意見を
取り上げます。

そこから、判断して、
あなたがあなた自身の「答え」に
たどりついてください。


ちなみに
野菜や果物の残留農薬については、
研究報告があります。

↓の記事を参考にして、
考えてみるのもいいかもしれません。

WHOの見解では、残留農薬に危険はないが・・・

まずは、
「大丈夫」派の意見からです。


玄米やお米に限った話ではないのですが、
残留農薬に対する考え方については、
WHOから見解が示されています。

WHOの見解によれば、

・農薬の悪影響から消費者を守るため、
 WHOは証拠を検討し、
 国際的に認められた最大残留限界を開発する。

・国際貿易で食品に使用が許可されている農薬は、
 特定の安全な暴露レベルを超えなければ、どれも遺伝子毒性はない。

とされています。

「遺伝子毒性」というのは、
「DNAを傷つけて、癌や突然変異を引き起こす性質」のことを言います。

つまり、
農作物が作られる段階で、
きちんとルールが守られていれば、
消費者が、癌になったり、妙な病気になったりすることはない

といっているのですね。


ただし、ここからが重要です。

WHOだって、

・動物実験
・誤って過剰な農薬にさらされた方々に対する調査
・仕事で農薬を使用する人々の長期的な健康の研究

などをもとにルール作りをするわけです。

ですので、
研究データそのものが
不十分である場合は、
WHOの見解が、
「完全に正しいとは言い切れない」
ということも考慮に入れておきましょう。

そして、
多くの研究者が
残留農薬の長期的な影響は、
「不明である」
として、論文をしめくくっています。

ですので、
突き詰めると、
WHOが保証しているのは、
「残留農薬の短期的な影響について」
ということになりますね。


一方で、
WHOの言っていることは、
「現在、分かっていること」の
世界標準であり、
「現時点では、正しい」とされることです。

なので、
WHOが安全と言っているものを
むやみに疑ってかかるのも
賢いとはいえません。

農薬は内分泌かく乱物質なので食べない方がいい

次は、
「大丈夫じゃない」派の意見です。

ちなみに、
私はこちら側の意見です。


あなたは、
内分泌かく乱物質」というものを、
ご存じでしょうか?

内分泌かく乱物質」というのは、
近年、研究が進んでいる
比較的新しい物質で、

人がほんの微量にさらされるだけでも、
健康に影響があることがわかっています。

「内分泌かく乱物質」は、
比較的新しい概念であるため、
WHOも扱い方に困っていることでしょう。

特に、これから子どもを産む方には
注意が必要です。

くわしく知っておきたい方は、
↓の記事にも目を通しておきましょう。

周りの人が古い知識に頼っている中、
新しいことを主張するのは、
とても勇気のいることです。

しかし、
あなたが玄米を食べるかどうかは
真実を見極めたうえで
あなたの信念に従って決めましょう。

結局、玄米の残留農薬は、気にしないで大丈夫なのか

結論としては、
エビデンスがないため、
玄米の残留農薬の安全性については、
 正確なことはわからない

ということになります。

「答えがない問題」には、
自分で考えて判断を下すしかありません。

その結果、私は、
「食べない方がいい」と判断しました。


ただし、
WHOの見解を
そのまま受け入れるならば、
残留農薬に危険はない
と考えてもよいと思います。

考え方によっては、
これも十分なエビデンスといえるかもしれませんね。


一方で、
残留農薬の危険性について
注意をうながす専門家がいるということも
忘れてはいけません。

財布と相談して、
採れる対策を採っておくというのも
賢い判断だと思います。


さて、
玄米食を検討されているならば、
さらに注意すべきは、
『ヒ素』
かもしれません。

こちらは、
残留農薬と違って、
リスクは明らかです。

ぜひともこちらも読んでおきましょう!

食材宅配サービスは、わりとおすすめ

さて、
食品に安全について、
しっかり勉強する時間がないあなた!

私のおすすめは、
食材宅配サービス」です。

食材宅配サービスの利点は、
「安全な食品を提供してくれること」
だけではありません。


自分で買い物に行かなくてよくなる


これは現代において、
非常に大きなメリットです。

賢い人は、今や
「お金」で「時間」を買う時代です。

あなたは、
毎週、生活必需品の買い物なんかに
何時間も拘束されてはいませんか?


それに、
毎日の献立を考えるのに、
素人のあなたが脳のリソースを
使うのは非常にもったいないです。


そこはもう、
プロに任せましょう!


「食材宅配サービス」は、
あなたの「健康」と「時間」と「自由」への投資です。

一度試してみては
いかがでしょうか?

オイシックスのおためしセット

まずはこちら!

3日分の食材が1980円で、送料無料。

定期ではなく、一回限りのセットなので、
自動継続される心配もありません。

気に入らなければ、全額返金してもらえるんです。

わりと良い条件ですよね。

タイトルとURLをコピーしました