NMNって安全性ってどうなの?まだ飲み始めるのは早いと思う理由

健康を守る
スポンサーリンク

『ニコチンアミドモノヌクレオチド』
通称・『NMN』

ちまたでは、「NMN」が
にわかに話題になっていますよね。

私も気になっています。

ただ、現在は、
製薬メーカーなどが製品を売りたいがために
少し、暴走気味に宣伝をしている感も
否めません。

ということで、
今回は、
NMNを飲まない方がいい側
に軸をおいた
意見を取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

本記事の参考文献

今回の参考文献は、

Harshani Nadeeshani(2021).
Nicotinamide mononucleotide (NMN) as an anti-aging health product – Promises and safety concerns.
Journal of Advanced Research, Volume 37, Pages 267-278
/https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2090123221001491#b0385

です。

本文献では、
「NMNの安全性の懸念」について、
論じられています。

NMN、確かにすごいが・・・

これまでの研究報告によれば、
「NMN」の若返り効果は、
確かにすごいです。

マウスの糖尿病を糖尿病を改善したり、
マウスのアルツハイマー病原体を減らしたり、
マウスの血管を若返らせたり、

マウスの、、、

ってマウスばっかりですね(笑)

気になるのはマウスより、ヒトです。

ヒトに対しても、確かに
筋肉の糖代謝が改善されたという報告があります。

報告を見てみると、
マウスと同じほどには
若返り効果はなかったものの、
ヒトの糖尿病には、
ある程度の効果があるということのようですね。

つまり、現時点では、
NMNがヒトに際立った若返りの効果をもたらすということは、
証明されていないということです。

高価なNMNを購入するときは
一旦冷静になった方がよさそうですね。

現在の宣伝文句は、
「細胞レベル」や「動物実験」で得られた結果が、
少し誇張して伝えられているものも目立ちます。

人間の体は、
マウスほど単純ではありません。

NMNの安全性は大丈夫?

そもそも、
NMNは安全なのでしょうか?

NMNを長い期間、飲み続けた場合、
体に悪い影響はないのか?
という研究も
現時点では、ほとんどおこなわれていません。

確かに目立った副作用の報告はありません。

一方で、
安全であるという確証もないのも事実です。

慶應義塾大学は安全に投与できるというが・・・

慶應義塾大学の研究報告によれば、
500 mgまでのNMNの投与により、

臨床症状や体温、酸素飽和度の変化などを
引き起こさなかったため、
安全が確認されたと報告しています。

しかしながら、
本研究では、臓器や組織に対する
NMNの影響は分析されておらず、

更なる検討の余地があるとされています。

さいごに

話題のNMNの実情、
いかがでしたでしょうか。


現時点での、
NMNのヒトに対する臨床試験は、
十分なものではありません。

安全であるかどうかは、さておき、
ヒトへの効果については、
あなたが期待しているよりも
ずっと限定的かもしれません。

文献の結論でも、
「NMNメーカーは、
 NMN愛用者をフォローしながら、
 有効性のデータを
 集めていくべきである」
という内容でしめくくられています。


NMNサプリメントは
高価な商品も多いですよね。

なので、
メーカーの甘い言葉に乗せられて
すぐに飛びつくというのは、
どうなのかな?
と、私は少し心配しています。

私は医者や薬理学者ではありませんが、
個人的な印象としては、
メーカーから推奨される程度の摂取量では、
実は、大した効果は得られないのではないか?
とも、思っています。


ちなみに、
私は、NMNの可能性を信じています。
『LIFESPAN』も読ませてもらいました。

その上で、
メーカー側の無責任なNMNの販売については、
懐疑の念を禁じ得ません。

まだ待てる年齢の人は、
もう少し臨床試験が進むのを
待ってみてもいいかもしれませんね。

需要が増えれば、
コストダウンの製法の研究も進むはずです。

賢い人が
新たな合成経路や反応触媒なんかを見つけてくれれば、
提供コストも下がってくると思います。

タイトルとURLをコピーしました