野菜や果物の残留農薬って危険なの?気を付けた方がいい食材は?

健康を守る
スポンサーリンク

野菜とか果物の残留農薬って、
ぶっちゃけ大丈夫なの?

健康への関心が高い方は、
一度は気にしたことがあると思います。

今回は、
残留農薬と病気の関係」について、
取り上げようと思います。

スポンサーリンク

今回の参考文献

今回の参考文献は、

Helena Sandoval-Insausti, Yu-Han Chiu, Yi-Xin Wang, Jaime E.Hart, Shilpa N.Bhupathiraju, Lidia Mínguez-Alarcón, Ming Ding, Walter C.Willett, Francine Laden, Jorge E.Chavarro(2022).
Intake of fruits and vegetables according to pesticide residue status in relation to all-cause and disease-specific mortality: Results from three prospective cohort studies
Environment International, Volume 159, 15 January 2022, 107024
/https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0160412021006498?via%3Dihub

です。

本文献は、
残留農薬入りの野菜や果物の摂取」と
病気による死亡率」の関係を調査したものです。

調査期間は1998年~2019年と
なかなか大がかりな研究となっております。

高濃度の残留農薬は、健康に影響を与えるかも

まずは、結論から見ていきましょう。

高濃度の残留農薬は、
健康に影響を与える可能性があります。

農薬に関する事実として、
農業従事者の方々は、
農薬への曝露によって、
「発がんリスク」や「死亡率」が高まる

ということはよく知られています。

つまり、
「農薬=体に悪い」
というのは、
皆さんがうすうす感づいている通り、
間違いではありません。

じゃあ、スーパーで売ってる
野菜とか果物は大丈夫なの!?

という考えに至りますよね。

本文献の結論としては、

高濃度の残留農薬は、
その野菜や果物を食べる健康上のメリットを
相殺してしまうかもしれない

ということになります。

まだ、どういうことか
ピンとこないかもしれませんね。

高濃度の」というところがポイントです。

くわしく見ていきましょう。

残留農薬が多い食品と少ない食品

まず、
予備知識として、確認しておきましょう。

ご存じの方もいるかもしれませんが、
残留農薬がたくさん含まれる食品」と
残留農薬が少ない食品
があります。

一般的に、
残留農薬がたくさん含まれる食品」だと、
イチゴやホウレンソウ、モモなどが含まれます。

逆に「残留農薬が少ない食品」だと、
アボカドやパイナップル、キャベツなどが含まれます。

この「残留農薬がたくさん含まれる食品」には、
もしかしたら、少し注意が必要かもしれない

というわけですね。

ちなみに
残留農薬基準値検索システム
というものがあるので、
食品と残留農薬の関係について、
個人で調べることも可能です。

また、
アメリカの環境保護団体『EWG』が、
残留農薬が多い食品と少ない食品
教えてくれています。

注意が必要な野菜・果物は
↓の通りです。

イチゴ、ホウレンソウ、ケール、
ネクタリン、リンゴ、ブドウ、
ピーマン、唐辛子、サクランボ、
モモ、ナシ、セロリ、トマト

参考にしてみてはいかがでしょうか。

低残留農薬の野菜・果物は死亡率を下げる

まずは、
「残留農薬が少ない食品」について
見ていきましょう。

本文献の報告によれば、
低残留農薬の野菜や果物の摂取量は、
 死亡率と反比例した
。」
とされています。

つまり、
残留農薬の少ない野菜や果物については、
多く食べた方が体に良い

傾向があるということですね。

「少しの農薬の害」よりも、
「野菜や果物を食べることで得られるメリット」の方が
大きいということでしょう。

細かくデータを見てみると、
1日当たり3.5皿分程(約250グラム)以上の摂取では、
死亡率は、ほぼ横ばいになるようです。

高残留農薬の野菜・果物の摂取と死亡率は無関係

次は、
「残留農薬がたくさん含まれる食品」について
見ていきましょう。

こちらは少し複雑で、
高残留農薬の野菜や果物の摂取量は、
 死亡率と非線形関係であった
。」
とされています。

非線形関係というのは、
比例関係や、反比例関係のような
単純な関係ではないということです。

つまり、
残留農薬を多く含む野菜や果物については、
多く食べたからといって体にいいことが
あるわけではない

というわけですね。

そして、
この結果から推測されるのが、
高濃度の残留農薬が、
 野菜や果物から得られるメリットを
 相殺してしまうかもしれない。

ということです。

しかし、誤解してはいけません。

「残留農薬がたくさん含まれる食品」も
全く食べてはいけないということではないのです。

詳細に、データを見てみると、
高残留農薬の野菜や果物においては、
1日当たり1.5皿分程(約120グラム程度)の摂取によって、
最も死亡率が下がる傾向にあることが
分かります。

どうやら、
様々な食材をかたよりなく、
少しずつ摂取することが
健康にいいということなのでしょう。

とりあえず、
イチゴのドカ食いを毎日している方は、
少し控えた方がいいかもしれません。

世界標準としての残留農薬に対する考え方

グローバルスタンダードな考え方ということで、
WHOの見解も見ておきましょう。

重要と思われる点を要約すると、

・農薬は人体に有毒である可能性があり、
 暴露の仕方や量に応じて、健康影響を与える可能性がある。

・環境汚染の観点から、先進国で禁止されている農薬でも、
 新興国では使われているものもある。

・農薬の悪影響から消費者を守るため、
 WHOは証拠を検討し、国際的に認められた最大残留限界を開発する。

・国際貿易で食品に使用が許可されている農薬は、
 特定の安全な曝露レベルを超えなければ、どれも遺伝子毒性はない。

以上のような内容となります。

ちなみに、
国際的に認められた最大残留限界については、
・動物実験
・誤って過剰な農薬にさらされた方々に対する調査
・仕事で農薬を使用する人々の長期的な健康の研究
など、さまざまな研究報告を組み合わせて、
安全と認められる制限値が作成されます。

どうやら、輸入食品についても、
国際間でのルールが守られていれば、
ある程度の安全は担保されている

と考えてもよさそうです。

知っていると、
少し安心できますね。

さいごに

今回は、
野菜や果物に含まれる
残留農薬と病気による死亡率の関係について、
見てきました。

結論としては、
農薬には、害はあるが、
食品に含まれる残留農薬は微量なので、
野菜や果物を食べることで得られるメリットの方が
大きいだろう

というところでしょうか。

少なくとも、
普通に食べている分には、
残留農薬の影響によって、
癌や脳卒中のリスクが上がることは
なさそうです。

ただし、
文献にも記載がありましたが、

農薬のより長期的な健康への悪影響については、
まだデータが不足しています。

ですので、
残留農薬の本当の危険性については、
実際には、不明な部分も多いというのことも言われています。

残留農薬の長期的な健康への影響については、
↓の記事にまとめています。

イチゴやリンゴなど、
高残留農薬の野菜や果物については、
有機栽培のものにこだわってみるのも
いいかもしれませんね。

今後も調査を継続していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました