記事内に広告が含まれています。

ペットボトルを絶対に電子レンジで温めてはいけない理由

その食品、大丈夫?

ペットボトルは、とても便利ですよね。

水筒の代わりに使っている人もいるかと思います。

そして、中には、
温かい飲み物が飲みたいときに、
ペットボトルを電子レンジでチンする人もいるかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください!

基本的に、
電子レンジで温めて、
溶けないプラスチックは存在しないのです。

もちろん、
ペットボトルも例外ではありません。

では、溶けたペットボトルはどこに行くのでしょうか・・・?

今回は、
ペットボトルを電子レンジで温めてはいけない理由」を取り上げていきます。

スポンサーリンク

ペットボトルを電子レンジで温めてはいけない?

今回の結論は、
ペットボトルは電子レンジで温めてはいけない」です。

ペットボトルの耐熱温度は、
50から80℃程度と言われています。

予想より、低いと感じませんでしたか?

ペットボトルに入った飲み物を電子レンジで温めれば、
この程度の温度には、簡単に到達してしまいます。

くり返しになりますが、
電子レンジで温めても、溶けないプラスチックは、
基本的に存在しません。

耐熱温度の面から見ても、
ペットボトルも、まったく例外ではないのです。

では、
ペットボトルが溶けるのは、確かだとして、
問題になるのは、
溶けたペットボトルが体に悪いのかどうか
ということになります。

では、ここからは、
ペットボトルから溶け出す化学物質の人体への影響」について、
順をおって見ていきましょう。

ペットボトルは何からできてるの?

さて、
ペットボトルから溶け出す化学物質が危険かどうか」を調べるためには、
まず、
ペットボトルが何からできているのか」を知る必要があります。

ペットボトルは、
ポリエチレンテレフタレート」というプラスチックからできています。

PolyEthleneTerephthalateのボトル」を略して、
PET(ペット)ボトルです。 
考えてみると、なかなかセンスのいい名前ですね。


そして、
ポリエチレンテレフタレート」は、
テレフタル酸」と「エチレングリコール」という
2つの化学物質をいくつも交互につなぎ合わせることによって、作られます。

あなたが、健康への意識が高い人であれば、
ピンッと来ているかもしれませんね。

フタル酸エステル」という有害物質の名前を聞いたことはありませんか?

日本を含め、
各国で規制が進んでいる有害物質です。
(参考:株式会社島津テクノリサーチ>フタル酸エステル類関連規制

フタル酸エステル」と「テレフタル酸」は、
なんだか名前が似ていると思いませんか?

化学の世界において、
“名前が似ている”ということは、
“構造も似ている”ことを意味します。

つまり、
ペットボトル」からは、
テレフタル酸」が少し姿を変えた「フタル酸エステル」が、
溶け出してきてしまうのです。

徐々に嫌な予感がしてきました。

なぜ、
有害物質が溶け出すはずのペットボトル飲料が、
何食わぬ顔で流通しているのか、不思議になってきますよね・・・。

おそらく、
ペットボトルが便利すぎるため、
安い素材で、代わりを担えるものが簡単に見つからないためでしょう。

ペットボトルにおける”危険”とは何をさすのか?

さて、では、
本題の「ペットボトルが危険な理由」もとい、
フタル酸エステルの危険な理由」を見ていきましょう。

しかし、
フタル酸エステルにおける危険」とは、
何をさすのでしょう。

そして、世界各国では、
なぜ、フタル酸エステルを規制している」のでしょう。

ペットボトルを電子レンジで
温めて飲み物を飲んだ人が、入院したなどという話は、
聞いたことがありませんよね。

つまり、
ペットボトルには、
誰が見てもすぐにわかるような「毒性」はないと言えるのです。

そのため、
フタル酸エステルにおけるの”危険”」については、
内分泌かく乱性」の観点からの話になります。

内分泌かく乱性」は、
初めて聞く言葉かもしれませんね。

経済産業省によれば、
内分泌かく乱性」とは、以下のように定義されています。
(参考:経済産業省 内分泌かく乱物質問題

生物個体の内分泌系に変化を起こさせ、その個体又はその子孫に健康障害を誘発する外因性物質

経済産業省 内分泌かく乱物質問題より

つまり、
簡単な言葉で言い換えれば、
外から来る物質が、体の中のホルモンの働きを変えて、
 その人やその子孫に問題を引き起こすことがある

ということです。

ホルモンは、
体の中のいろいろな働きに影響を与えるものですので、
考え方によっては、
「”内分泌かく乱物質”はとても危険である」と言えるのです。

では、実際のところ、
フタル酸エステルが、我々の体にどのような影響を与えるのか
という話に入っていきましょう。

溶けたペットボトルは、体にどんな影響を与えるのか?

さて、では、一番気になる
溶けたペットボトルが、我々の体にどんな影響を与えるのか?
というところに迫っていきましょう。

溶けたペットボトルは、女性ホルモンのように働く!?

まずは、少し古い文献ですが、
アメリカの医師であり、心理学者でもあるレナード・サックス先生が
2009年にまとめてくださった総説論文を参考にしましょう。

レナード・サックス先生が
論文の中で取り上げている研究によれば・・・

ペットボトル入りのミネラルウォーターが、
エストロゲン活性」を示したことが報告されています。

エストロゲン活性を示す」とは、
「内分泌かく乱物質」が、
女性ホルモンのように働くことを意味します。

女性ホルモンが活性化しすぎると、
最悪の場合、乳がんのリスクが高まってしまうというのは
ご存じの通りだと思います。

他に取り上げられているミズーリ大学の研究では、
ペットボトル入りの水で培養された乳がん細胞は、
比較対象の水よりも78%も多くがん細胞を増殖させたそうです。

乳がんの話には、インパクトがありますが、
男性の方も、他人事ではありません。

中国では、
ホルモン処理されたチキンを食べていた青年のお胸が
大きくなってしまった、というニュースもありましたね。

フタル酸エステルは甲状腺ホルモンに悪影響!?

さてさて、
女性ホルモンとして、働くだけなら、
「怖いけど、まぁまぁまぁ・・・」
といったところでしょうか。

しかし、
「フタル酸エステル」の怖い話は、
それだけではありません。

仮にも、
「内分泌かく乱物質」に寛容な我らが日本国で、
規制が進んでいる物質です。

それだけで済むはずがありません。
実は、もっと危ない話もあります。

それは、
「フタル酸エステル」が、
「甲状腺ホルモンに影響を与える」という話ですね。

「甲状腺ホルモン」は、
体内のあらゆる器官の生理機能に影響を与えるホルモンです。

つまり、
我々の体のさまざまな部分に悪い影響を
与えるわけですね。

2022年の総説論文を見てみましょう。

甲状腺ホルモンの影響についても、
しっかりとまとめられていますね。

甲状腺ホルモンというと、
体内の代謝との関係が強く、
糖尿病なんかとの関係するイメージがあると思います。

しかし、
それだけではなく、
甲状腺ホルモンの異常は、
「骨」や「脳」、「疲労」、「温度変化に対する耐性」などにも
悪い影響を与えるようです。

「脳への悪い影響」というところは、
特に重要で、
最近の子どもたちに
発達障害の子が増えている原因は、
こういったところから来るのではないか?
という話もあながち間違ってはいないのかもしれません。

くり返しになりますが、
「内分泌かく乱物質」に寛容な日本国が、
規制をするだけあって、
「フタル酸エステル」の危険性は、
無視するには大きすぎると思います。


ホルモン物質の影響は、
じわじわと効いてくるものなので、
日頃からほんの少しずつでいいので、
一人一人が自分自身で気を付けておくべき問題だと、
私は思っています。

化学物質であふれた、このご時世で、
すべての「内分泌かく乱物質」を避けることは、
どう考えても不可能です。

しかし、
あきらめて身を任せるのではなく、
まずは、少しずつでいいので、
身を守ろうという意識を持つことが
大事なのではないかと思うのです。

心理学者のウィリアム・ジェームズも言っています。

「心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる」


あなた自身が
意識(心)を変えることで、運命を変え、
より良い人生が歩めるように祈っています。

ペットボトルを電子レンジで温めてはいけない理由

さて、今回は、
「ペットボトルを電子レンジで温めてはいけない理由」
を見てきました。

さいごに話を簡単にまとめておきましょう。

ペットボトルからは、
各国で規制が進んでいる
「フタル酸エステル」という有害物質が
溶け出します。

ペットボトルの耐熱温度は、
50℃から80℃程度です。

そして、
電子レンジで加熱することにより、
耐熱温度を超えたペットボトルからは、
「フタル酸エステル」が溶け出しやすくなります。

「フタル酸エステル」は、
体内で女性ホルモンのふりをして働きます。

体内で、
女性ホルモンが活性化しすぎると、
乳がんのリスクが高まることが知られていますね。

そして、さらには、
「フタル酸エステル」は、
「甲状腺ホルモン」にも悪い影響を与えるようです。

こちらの方が重要だと思います。

だから、
不用意にペットボトルを
電子レンジで加熱してはいけないよ!
というわけですね。

化学物質であふれる昨今、
すべての内分泌かく乱物質を避けることは非常に困難ですが、
あきらめずに、勉強を続け、
一緒に身を守る努力をしていきましょう。

何年も後に、
勉強をおこたった人とあなたの間には、
きっととてつもなく、大きな差がついているはずです。