【損させたくない!】私が家族にもおすすめしている3つの投資先とその買い方

資産を築く
スポンサーリンク

投資!投資!って言われるけど、
どんな銘柄を買えばいいか分からない!

そんな悩みはありませんか?

もう初心者ではないけど、

「自分の投資技法に自身が持てない!」
「なかなかパフォーマンスが上がらない!」

という方もいるかもしれませんね。

今回は、
私が家族にもおすすめしている投資方法
を紹介します。

スポンサーリンク

おすすめは「3つ」の投資信託

まずは、結論です。

私は、↓の「3つ」の
投資信託をおすすめしています。

・eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
・eMAXISプラスコモディティインデックス
・eMAXISSlim先進国債券インデックス

いわゆるインデックス投資ですね。

これら「3つ」を特定の比率で
買うというわけです。

おさらいになりますが、
「投資信託」というのは、
投資会社が、みんなからお金を集めて、
世界中の株や債券を代わりに買ってくれる投資商品
です。

つまり、
「投資信託」を買っておけば、
投資会社をとおして、
あなたは世界中の「株」や「債券」などを
間接的に持つことができるということです。

もちろん、
儲かった分はあなたのものです。

どうして、「3つ」の投信を買うの?

投資の世界では、

「卵は一つのカゴに盛るな」

という格言があります。

カゴを落とした時のために、
できるだけ、多くのカゴに
資産を分散しておくのが、
よいという考え方です。

投資先となる「カゴ」は、
何も「株式」だけではありません。

「債券」や「コモディティ」も重要です。

投資において、
「株式」と「債券」を買うのは
わりと一般的でしょう。

「コモディティ」というのは、
「金・銀」や「原油」などです。

「債券」や「コモディティ」は
必要ないという意見もありますよね。

しかし、私はそうは思いません。

確かに
2010年から2021年までは、
「米国株」だけを買っておけば
よい相場でした。

しかし、
歴史に照らし合わせれば、
約10年ごとに
投資の世界では
「主役」が交代します。

「米国株」の
次の「主役」は
まだ誰にもわかりません。

「新興国株」かもしれませんし、
「米国債券」かもしれません。

ということで、
より多くの資産クラスに
資金を分散しておけば、
どこが「主役」になっても
その成長にあやかれるというわけです。

「3つ」の投資信託の配分は?

では、
「3つ」の投資信託の
配分はどうするべきでしょう。

私のおすすめ配分比率は、
↓のとおりです。

投信銘柄配分比率
eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)6割
eMAXISプラスコモディティインデックス3割
eMAXISSlim先進国債券インデックス1割
投資信託の配分比率

これが必ずしも正解ではありません。

自分の性格にあわせて
カスタマイズしましょう。

では、
配分について、
解説します。

歴史を見てみると、
「株式」のリターンが
一番大きいというのも事実です。

なので、
「3つ」の投資信託の中でも
「株式」を多めにしておくのが
合理的な判断でしょう。

そして、
「債券」は、
市場が混乱したときに、
あなたの資産を守る役目をします。

混乱時にパニックになりそうな方は、
「債券」を少し多めにしてもいいかもしれません。

「コモディティ」は、
2022年6月現在のように
「インフレ」が進んでいるような場合に
活躍します。

「インフレ」で、
「株式」が混乱している中で、
「物」の価値が上がるなら、
「物」を買っておけばいいという考え方です。

「3つ」の投資信託をいつ買うべきか?

とりあえず
「何を買えばいいのか」については、
分かっていただけたかと思います。

では、
「いつ買えばよいのか」について
みていきましょう。

私は、
資金を複数にわけ、
毎月」少しずつ買う
ことをおすすめしています。

まず、前提として、
市場の値動きというのは、
プロでも予測はできません。

つまり、
買った翌日に
「大きく下がる」こともありますし、
「大きく上がる」こともあるかもしれません。

しかし、
市場の値動きには、
ある程度の規則性があります。

株価のチャートを長い目で見ると、
上がった後には、少し下がり、
下がった後には、少し上がるという
上下動をくり返しながら、
少しずつ値を上げていきます。

つまり、
株式や投資信託を買う時は、
一度にドカンと買ってはいけません。

資金を複数に分けて、
毎月」少しずつ買っていく方がリスクが低い
といえるわけです。

さいごに

今回は、
私が家族にもおすすめしている投資方法
をご紹介しました。

私のおすすめは、

・eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
・eMAXISプラスコモディティインデックス
・eMAXISSlim先進国債券インデックス

を特定の配分で、
「毎月」買い続けることです。

私も、投資を始めた頃は、
何を買っていいか分からず、
困っていたのを覚えています。

どうしても、
パフォーマンスが上がらないという方は、
退屈な投資法ではありますが、
ぜひ、参考にして頂ければありがたいです。

買う物とタイミングはわかったけど、いつ売ればいいの?
と気になった方は、
ぜひ、↓の記事も読んでいってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました