実写映画『バクマン。』あまりにもひどい。監督、原作ちゃんと読んだ?

楽しみをみつける
スポンサーリンク
実写映画『バクマン。』を 視聴しました。 最近、 遅ればせながら、 アニメ版の面白さに ぐっと引き込まれたので、 映画版も視聴してみました。
スポンサーリンク

原作『バクマン。』は、超面白い!

『バクマン。』の原作は、 週刊少年ジャンプで連載されていました。 「漫画家の話」を「漫画」で描くというハイセンスな物語です。 本作は、 とにかくリアル志向で 描かれているのが特徴です。 「実在の漫画」の登場や 「実在の編集部員」をモデルにした登場人物が 物語をガンガン盛り上げてくれます。 本作については、最近視聴した どのアニメよりも、 面白く、その世界観に引き込まれました。 実写映画だけを見て、 「大したことないな(笑)」 と思った方は、 絶対にアニメや原作も見てみてほしいところです。

実写映画『バクマン。』の個人的評価

私の実写映画『バクマン。』への個人的評価ですが、 評価:★★☆☆☆ です。 無意識にアニメ版と比較してしまったせいか 正直、ほとんど面白いと感じられませんでした。

実写映画『バクマン。』のよかった点

抜群の配役センス

俳優陣の配役については、 「かなり、はまっていた」 という印象です。 あくまで 各キャラの 「第一印象に違和感がない」 という意味合いです。 ただ、 ケチはつけたくないですが、 神木隆之介さんは 原作のキャラクターより、 少しこどもっぽかったです。 平丸さん役・新井浩文さんは 少し微妙でした(笑) ですが、 その「はまっていた配役」を、 活かしきれていなかったなぁ というのが正直な感想です。 残念です。

実写映画『バクマン。』のひどい点

二人の主人公の描き分けがいまいち

本作では、 2人の青年漫画家が主人公です。 2人が 「原作」と「作画」を それぞれ担当し、 力を合わせて一つの漫画を作っていきます。 原作では、 「原作」担当は、 「かしこく情動的な青年」。 「作画」担当は、 「現実的でシャイでクールな青年」。 として、うまく描き分けられていました。 しかし、 実写映画では、 2人の主人公のテンションが、 常にほぼ同じで あまりに「没個性的」です。 普段は、 「陰」と「陽」で性格の違う二人が 目標を成しとげた時に、 初めて同じ波長で喜ぶからこそ、 視聴者は、その姿に ぐっと引き込まれるのではないでしょうか。 俳優としては、 はまり役に見える 佐藤健さんと神木隆之介さんを 起用しているのに 非常にもったいないです。 制作サイドが、 青春映画としての 演出にこだわったのかもしれません。 しかし、これでは、 主人公が2人いる意味が うすれてしまいます。

筆で格闘する演出

本作で一番、問題のあるシーンです。 2人の主人公は、 読者アンケートランキング1位を 目指しています。 その中で、 とある「天才漫画家」と相対します。 この際に、やはり、 「主人公の2人」と「天才漫画家」は 対決する構図となるわけです。 そこで、なぜか、 大きな筆を振り回し、 2対1の文字通りの「格闘」が くり広げられるのです。 まさに、 「心身を削る戦い」というのを 「格闘」という形で 表現したかったのかもしれません。 しかし、 作中で、このシーンが 一番見るにたえませんでした。 確かにカリカリと漫画を描いている 映像だけでは地味ですが。。。 この演出が 本作の価値を いちじるしく低下させてしまっていると いっても過言ではないほどです。 現に私は、 昔、何も知らずに 本作の予告映像を見たときに あきれてしまったのを覚えています。 「漫画を描く」って 地味な作業だし、 こうやってごまかしながら、 作品を作ってるんだなぁ、と。。。 映画が公開された当時、 原作を読んでいなかった私は、 その予告映像を見て、 『バクマン。』という作品自体を ひどく過小評価したのを覚えています。

さいごに―いい加減な実写作品を作らないでほしい

本原作の見どころは、 なんといっても 「ヒューマンドラマ」です。 「ヒューマンドラマ」というのは、 個性ある「登場人物」たちをしっかり作りこんで、 各「シーン」を丁寧に演出した結果、 そこにようやく感動が生まれるわけです。 なので、 内容を大幅に削って、 「見どころ」の場面だけを 俳優陣が熱演したところで、 魅力が伝わりきらないのは 当たり前です。 私は、個人的に、 この映画の作り込みが 不十分であると感じてしまいました。 コミックの実写化は、 普通に映画を作るよりも難しいと思います。 上映時間も予算も限られています。 というわけで、 本作の感想を一言で表すなら、 「なんで作ってしまったんだろうなぁ」 です(笑) さて、 すぐれた映像作品を見ると、 『コミュニケーション能力を上げられる』 って知っていましたか? すぐれた映像作品って どんなものがあるでしょう? 良ければ ↓の記事も見ていってください。 きっとあなたの役に立ちますよ。
タイトルとURLをコピーしました