【コミュ力を上げたい!】超簡単にできる意外な自己投資とは

健康を守る
スポンサーリンク

コミュニケーション能力
略して、『コミュ力』。

人間がAIに勝てる
数少ない能力のひとつ
だと言われています。

これからの時代を生き抜くにあたって
ぜひ、鍛えておきたいですよね。

では、
その「コミュ力」は、
どうやって上げればいいのでしょうか?

実は、
ある意外な方法で、
コミュ力」が簡単に鍛えられることが
わかっているのです。

今回は、
超簡単にコミュ力を上げる方法」について、
取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

今回の参考文献

今回の参考文献は、

Jessica Black ,Jennifer L. Barnes(2015).
Fiction and Social Cognition: The Effect of Viewing Award-Winning Television Dramas on Theory of Mind.
Psychology of Aesthetics Creativity and the Arts 9(4)
/https://www.researchgate.net/publication/282328265_Fiction_and_Social_Cognition_The_Effect_of_Viewing_Award-Winning_Television_Dramas_on_Theory_of_Mind

です。

本文献は、
テレビドラマの視聴」と「共感能力テスト」の
関係を調査した研究報告です。

ざっくり言うと、
テレビドラマを見ると、
 コミュ力が鍛えられるよ!」
という話です。

なんと、
ドラマを見ることが、
自己投資につながるのです。

これが、本当なら、
ずいぶん簡単ですね。

では、
くわしくみていきましょう。

コミュ力を上げたいなら、「テレビドラマ」!?

まずは、
結論からいきましょう。

なんと、
フィクションのテレビドラマを見れば、
共感能力が高まる

というのです。

本研究は、
アメリカの大学生、
約100人を対象にしたものです。

グループを↓の3つ分け、

・テレビドラマを見る
・ドキュメンタリー番組を見る
・何もしない

それぞれに
「RMET」という共感能力テストを
しました。

「RMET」が、どんなテストかというと
リンク先のような感じものです。

すると、結果は、
「テレビドラマを見た」グループは、
有意にテストの結果が良かった

というのです。

そして、
「何もしなかった」グループと
「ドキュメンタリー番組を見た」グループには
有意な差
はありませんでした

これは、興味深いです。

「テレビドラマ」を見るときは、
登場人物の
「心境」や「行動」を
「理解」しようとしたり、
「推測」したりしながら見ますよね。

これが、おそらく、
大事だということなのでしょう。

ひとりで見るより、
何人かで物語について、
会話をしながら、見た方が効果が高まる
可能性があるようです。

コミュ力アップには、海外ドラマがいい?

では、
「ドラマを見ればいい」と言っても、
どんなドラマを見ればいいのでしょう?

それは、ずばり
↓の4つの「海外ドラマ」です。

・『マッドメン』
・『ザ・ホワイトハウス』
・『LOST』
・『グッド・ワイフ』

いずれも、
エミー賞やゴールデングローブ賞などを
受けた品質の高い作品です。

どの作品を見ても、
共感能力テストのスコアに
大きな差はないようです。

権威ある賞を受けたような
高品質なフィクションには、
見た人の共感能力を高める効果がある

というわけです。

ちなみに私は、
『LOST』だけは見たことがありますが、
少し納得です。


しかし、
ドラマには、
人それぞれ好みもありますよね。

他の受賞作品のドラマじゃダメなの?
という話もでてきそうです。

これについては、
検討の余地があるようです。

本研究で扱われた作品たちは、
複数の登場人物の
「対立」
「信念」
「感情」
「欲望」
などをうまく描いているタイプのものです。

過去の受賞作品の中には、
「コメディ」や「ファンタジー」に
ふり切った作品もあります。

これらの作品についても、
見た人の共感能力を高める効果が
あるかどうかは
追加で研究をしてみないとわからない
というわけですね。

とりあえずは、
だまされたと思って、
研究であつかわれた4作品を
最初に、見てみてはいかがでしょうか。

アニメやマンガではコミュ力は上がらないの?

海外ドラマで、
コミュ力が上がることは、
ご理解いただけたかと思います。

では、
「アニメ」や「マンガ」では、
コミュ力は上がらないのでしょうか?


ここから、私の推測です。

本研究は、もともと、
「高品質な小説」を読めば、
「共感能力」が高まる
という研究の延長
にあります。

ですので、
今回の研究は、
俳優さんの「演技」や「表情」を
読み取ることが、
「共感能力」を高めたわけではないといえます。

あくまで、
登場人物の感情面に
「見た人」が注意を向けることで、
共感力を高められたと考えられるわけです。

つまり、
「高品質」な作品であれば、
「アニメ」や「マンガ」だからと言って
効果がないとは言い切れません。

おそらく、結局は、
いろいろな作品を鑑賞して、
登場人物に感情移入するのが、
大事なのでしょう。

もしかしたら、
あなたが毎週見ているアニメは、
立派な自己投資になっているかもしれせんね。


さて、本記事を読んで
「海外ドラマ」や「アニメ」「マンガ」を
たくさん見たいと思った向上心の高いあなた。

良いサービスがあります。

U-NEXT


ドラマやアニメが見放題。
とてもいいサービスです。

一部の作品には「ポイント」という形で
追加料金が必要なので、そこはご注意ください。

なんと、はじめての利用なら、
31日間無料です。

最近は、
Netflixやディズニー+など
無料キャンペーンを
打ち切るサービスも増えてきています。

今のうちに、
無料で使い倒しておくのが賢いでしょう。


他にも、海外ドラマに特化したサービスならば、

hulu


韓国関連のコンテンツも気になる方ならば、

dTV


なども、
いいサービスだと思います。

いずれも、
はじめての利用なら、
最初に
無料のお試し期間」があるので、
安心して利用できると思います。

さいごに

今回は、
超簡単にコミュ力を上げる方法」について、
取り上げました。

私の趣味も、
海外ドラマを見ることです。

知らず知らずのうちに
コミュ力を上げるための
自己投資ができていたのですね。

だらだら、
テレビを見ていた時間は、
ムダではなかったと思うと、
少しうれしい気分になります。

資格試験の勉強もいいですが、
あなたも少し回り道をして、
海外ドラマを楽しむ時間を持ってみても
いいかもしれませんね。

一緒に人生を豊かにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました