記事内に広告が含まれています。

あなたにとって「お金」とは何?この質問で相手の生き方が分かる話

仕事嫌いのあなたへ

さっそくですが、
あなたにとって、
「お金」って何ですか?

考えたこと、ありますかね?

今回は、
「お金の本質」について、
考えていきたいと思います。

お金との向き合い方に困っている方は、
ぜひお付き合いくだされば、うれしいです。

スポンサーリンク

当たり前ですが、「生き方は、人それぞれ」

さて、
当然ではありますが、
同じ学校を卒業しても、
人によって、
勤めている会社も、
従事している仕事も、
まったく違いますよね。

そして、
そこでもらう「賃金」も
人によって、大きく異なります。

20代の頃には、
なんだかんだで想像できていませんでしたが、
30歳を超えてくると、
「勝ち組」と「負け組」の差は、
想像以上に浮き彫りになっています。

しかし、
私は、この「勝ち組」と「負け組」の差は、
「運の良さ」によるものでしかないと思っています。

確かに、
「運も実力の内」という有名な言葉もある通り、
成功するために「運」は重要なファクターです。

ただし、
私は、必ずしも「成功した人間=立派な人間」だとは思いませんし、
ましてや、成功した人間に良い人生が約束されるとも思いません。

この考え方には、
なんとなく同意が得られるかもしれませんね。
凡人が言うと、ひがみにしか聞こえないかもしれませんが(笑)

さて、
私が今回、取り上げたいのは、
「収入が多いか、少ないか」という話ではなく、
「お金に対する価値観の違い」の話です。

立派な仕事をして、
いただいた「お金」を自身がどのように
とらえているか・・・

つまり、
「お金のとらえ方」こそが、
「その人の人生を反映する」と
私は思っているのです。

というわけで、
ここまでの話をまとめると、
「稼いだお金の量⇒運の良さ」
「お金のとらえ方⇒人生観」
を反映していると、私は思うという話でした。

あなたにとって「お金」とは何ですか?

ここで、繰り返しになりますが、
あなたにとって、
「お金」とは、何でしょうか?

パッと、思いつきますか?

「お金のとらえ方」は十人十色だと思います。

例えば・・・

「お金」とは・・・
 ・推しを応援するための「燃料」
 ・見栄を張るための「代償」
 ・楽しい時を作るための「引換券」
 ・ギャンブルを楽しむための「脳内麻薬」

なんて考え方もあるかもしれません。

ホリエモンさんなんかは、
著書で、「お金は信用だ」というようなことを
書かれていたかとも思います。
(解釈が違ったら、すみません)

さあ、ここで、
あなた自身の「お金のとらえ方」について、
少し思いをめぐらせてみていただけませんか。

多くの場合、「お金」とは、
あなたが好きなモノやコトを
「買うためのもの」ということになるかもしれませんね。

私にとって「お金とは生命線である」

「お金のとらえ方」については、
なんとなくイメージは、できてきましたでしょうか?

ちなみに私が、
過去に一番かっこいいな!と思った「お金のとらえ方」は、
『ほぼ日手帳』や伝説のRPGゲーム『Motherシリーズ』の生みの親である、
糸井重里さんのお言葉に出てきます。

↓が、糸井重里さんが
過去の『がっちりマンデー!!』の放送で
おっしゃっていた言葉の一部です。

ただ、「お金」は「武器・弾薬」なんで目的にしてはダメだと思いますね。

2017年10月1日『がっちりマンデー!!』放送分より

このフレーズを聞いて衝撃を受けた私は、
この言葉だけをまねて、何度も口にしてみました。

しかし、
どうにも、どうしても、
この言葉がしっくりこない・・・

そうです。

結局のところ、私にとって、
「お金」は、「武器」でも「弾薬」でもなかったのです。

悔しいことに、
私は、優秀な起業家でも、実業家でもありません。

「お金」を武器・弾薬のように軽く扱うことなど、
私にはできなかったのです。

その違和感に気づいた私は、
「私にとって」の「お金」とは
何なのかをずっと自問自答してきました。

そこで、ついに
思い至ったのは、私にとって、
「お金とは、生命線である」
ということです。

私にとって、
「お金」とは、あくまで、
人が生命活動を維持するための「代価」なのです。

人が人間らしく健康に生きるために
必要な食べ物や薬を調達するためには、
必ず「お金」が必要です。

だから、
私は、そんな大事な「お金」を、
ギャンブルや賭け事に使うなどということは、
考えられないし、信じられないのです。

それが「私のお金のとらえ方」です。

しかし、
世の中には、
「お金」を平気でギャンブルやガチャで、
すってしまうような人たちもたくさんいますよね。

健康で文化的な生活をそっちのけで、
快楽のためだけに「お金」を使ってしまう人も
少なくはないのです。

「お金」とは、
使う人の意思によって、
何にでも姿を変える力を持っています。

人生に、とことん楽しさを追求するならば、
「お金」はそれを与えてくれるというわけですね。

あなたがどのような「お金のとらえ方」をするかは、
これまでの生き方や経験などに
大きな影響を受けることでしょう。

これは、
まさに、「お金のとらえ方」が
「その人の人生を反映する」と言っても過言ではないと
言えるのではないでしょうか。

そんな風には思えてきませんか?

「お金のとらえ方」に貴卑はあるのか

さぁ、ここで、
あえて、もう一歩、踏み込んでみましょう。

ここからは、
少し私の思想が入ってくるかもしれませんね。
相容れなかったら、すみません。

「お金のとらえ方には、貴卑はあるのか?」
という話です。

つまり、
言い方を変えると、
「立派なお金のとらえ方はあるのか」
ということですね。

そして、これは、
ここまでの話で見てきた
「お金のとらえ方が、その人の人生を反映する」
という考え方からすれば、
「立派な人生はあるのか」
ということにもつながります。

もちろん、
お金の使い方は、人それぞれですので、
それ自体について、立派かどうかを議論するつもりは
毛頭ありません。


それを踏まえた上で、私は、
「立派なお金のとらえ方はある」と思っています。

具体的ではありませんが、あえて言葉にするならば、
私の思う「立派なお金のとらえ方」とは、
「お金を後悔をしないものに使える」ことです。

「お金」というものは、
使えばなくなります。

ですので、
「お金」を価値のないものと交換してしまえば、
何も残らないのも同然だということです。

その交換が不本意であれば、
あなたの心には「後悔」という感情が生まれます。

「後悔」という感情は、
人間が感じる感情の中でも、
かなり最悪な部類に入る感情だと
私は、思っています。

胸の奥をかきむしりたくなるようなそんな感覚・・・
そんな「後悔」を感じないお金の使い方ができる。

それこそが、
私は「立派なお金のとらえ方」、もとい「立派な人生」
だと思っています。

補足しておくと、これは、
ギャンブルに「お金」を使うのが、
悪いと言っているわけではありません。

ギャンブルに「お金」を使う時、
「勝とうが負けようが一片の後悔もない」と言い切れるのであれば、
それは、純粋に「立派なお金のとらえ方」だと私は思うわけです。

つまり、
言ってしまえば、
負けて後悔するくらいなら、ギャンブルなどやるな!
ということになりそうですね。


しかし、逆に、
「後悔」が、人生に厚みを与える
という考え方もあるかと思います。

確かに、人は「後悔」を味わったことがあるからこそ、
そんな思いをもうしないように
「立派な人生」を送ろうとすることにつながるのかもしれませんね。

そうなると、どうやら、一度「後悔」を知るということが、
立派な人生を送る上では重要なプロセスになると言えそうです。

なんだか話がどんどん回りくどくなりそうなので、
ここまでにしておきましょう。

お金のとらえ方が人生を映し出す?

さて、今回は、
「お金の本質」について、
考えてきました。

三度になりますが、
あなたにとって、
「お金」とは何だったでしょうか?

私は、
「お金のとらえ方」が、
「その人の人生を反映する」と思っています。

あなたは、
「後悔のないお金の使い方」ができていますか?

「後悔のないお金の使い方」を心がけることは、
やがて、「後悔のない立派な人生」を送っていけることに
つながっていくはずです。

少し、話が飛躍しすぎましたかね・・・

今回の話は、
失敗の多い人生を送ってきた人間が思う一つの考え方として、
ご笑読いただければありがたいなと思います。

さて、
もしも、あなたが、
・会社に頼らずもっとお金を稼ぎたい!
・お金の勉強をもっとしておきたい!
と思うのならば、『ポストプライム』というSNSがおすすめです。

ポストプライムは、
私が最も参考にしている投資家さんが
立ち上げたSNSです。

通称・お金を学べるSNSです。

PostPrime(ポストプライム)

ご興味があれば、
のぞいてみてはいかがでしょうか。